横になる女性

風俗求人とマイナンバーなどの状況

青い服の女性

風俗求人も、現在の日本の状況のようなことがかかわってくることもあります。 たとえば、風俗求人の、簡単な問い合わせや面接の申し込みにLINEを使えるようになった、ということもあります。メールはもはや古くて、いろいろLINEでできますし、閉鎖的に感じられる風俗を、少しでも開放的にしようということかもしれません。
あるいはマイナンバーに関してもそうです。仕事をする人は、企業などにマイナンバーを提出しなければならない、ということになっています。これによって、自分が風俗で働いているということが、いろいろなところに知られてしまうのではないか、という不安を抱えている人もいるでしょう。
しかし、風俗はこれを気にしなくてもいいです。マイナンバーを提出しなくても、問題なく給料を支払うことができる、というお店がほとんどだからです。もし気になるなら、面接段階でマイナンバーの提出を求めてくるかどうか、聞いておくといいでしょう。
ただし、税金の確定申告をする場合、税務署にマイナンバーを知らせる必要はあります。税務署からどこかに情報が漏れるということは大きな情報漏えいですから、訴訟問題に発展するでしょう。ほぼないと考えていいです。ここも気になるなら、アリバイ会社と呼ばれる、名前だけでも別のお店、としてくれる風俗店で働けば、まずわかりません。

News

2017年06月20日
風俗求人の会話スキルを更新しました。
2017年06月20日
目立つ立場の人も内緒で稼げる風俗求人を更新しました。
2017年06月20日
風俗求人とマイナンバーなどの状況を更新しました。
2017年06月20日
風俗求人の出張面接のポイントを更新しました。
TOP